ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
コンテンツの始まり

WMS導入目的・構築プロセスについて

WMS(物流センター管理システム)」の導入をご検討いただく場合は、導入の目的を明確にしておくことが重要です。本ページでは、WMS導入の目的や、入荷から出荷までの、トーヨーカネツソリューションズのWMSが提供できるプロセスをご覧いただけます。

WMSを導入する目的

  • 入荷から出荷までの作業を計画化し、倉庫内オペレーションを効率化する。
  • 作業実績をデータ化し、進捗管理、作業実績管理、課題抽出、トレーサビリティなど情報の「見える化」「データ分析」「評価基準」の基礎データとする。
  • リアルタイム在庫管理により、作業用の現物在庫管理(ロケーション在庫管理)で無駄のない作業とする。
  • 入荷・出荷などの作業精度を上げて、サービスレベルを向上させる。
  • 作業精度の向上により、在庫精度を上げ、その結果として発注精度を向上させて在庫圧縮のための基礎データとする。

WMSのプロセス概要

フッターの始まり