ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
コンテンツの始まり

WMSソリューションサービスについて

SCM(サプライチェーンマネージメント)の構築に重要な位置付けを持つ「WMS(物流センター管理システム)」。トーヨーカネツソリューションズは、数々の物流センター内システムの運用を手がけてきたノウハウをベースに、WMSを中心としたソリューションをご提供します。

マテハンとWMSのコラボレーションで、「地に足がついた」運営を実現

作業の省力化やピッキング、仕分け作業の生産性の向上などによって、ローコストオペレーションの運営が達成されているかは、マテハンシステムだけでは判断できません。
「WMS(物流センター管理システム)」を導入することで、検品の内容や数量、在庫状況など「いままで見えなかったもの」をリアルタイムで視覚化できます。また、状況がリアルタイムで見えることによって、問題の発生が即分かり速やかに対処が可能です。つまり、WMSを導入することによって、「地に足がついた」物流センターの運営が実現できます。
また、需要予測や生産計画をつかさどる「計画系ソフトSCP」と「WMS」を連動させることにより、最適なサプライチェーンマネージメントの構築も可能です。

SCM(サプライチェーンマネージメント)におけるWMS(物流センター管理システム)の位置つけ

Supply Chain Management (SCM)は、計画系のSupply Chain Planning (SCP)と実行系のSupply Chain Execution(SCE)から構成されます。

SCM = SCP + SCE

また、実行系であるSCEは、OMS(受発注システム)・TMS(輸配送システム)・WMS(倉庫管理システム) から構成され、サプライチェーン実行系の要となるのがWMSです。

SCE = OMS + WMS + TMS

SCMを構築する上で、とかく計画系であるSCPに焦点があたり計画精度の重要性が問われます。 しかし、この計画精度を高めるには実は計画系への入力情報となる在庫精度がより重要になります。 この在庫精度の如何により立案させる計画精度が左右されてしまうのです。また、SCMを構築する上ではWMSを確立し在庫精度を高めることが必要となります。

SCM(サプライチェーンマネージメント)構築の手順

フッターの始まり