ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
コンテンツの始まり

次世代人工知能・ロボット中核技術開発プロジェクトへの参加のお知らせ

2017/11/02

産総研・筑波大学・東京大学による次世代人工知能・ロボット
中核技術開発プロジェクトへの当社の参加に関するお知らせ


当社は、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)、国立大学法人筑波大学、国立大学法人東京大学人工物工学研究センターによる共同研究「物流サービスの労働環境改善と付加価値向上のためのサービス工学×AIに関する研究開発」にフィールド実証のための共同実施者として参画することになりました。10月25日に産総研つくば本部にて関係者によるキックオフミーティングが開催され、本共同研究が開始されましたので、下記のとおりお知らせいたします。



1.研究の概要
本共同研究は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した先導研究「次世代人工知能・ロボット中核技術開発/次世代人工知能技術分野」のプロジェクトの一つとして、産総研、筑波大学、東京大学が平成30年度末までの二ヵ年の予定で実施するものとして受託したものです。

2. 当社の役割と今後の見通し
当社は、多くの顧客に物流機器を納入してきた実績に基づき、最先端の行動計測技術を有する産総研と共同で、実際の物流センターにおける作業者の行動計測を行い、物流サービスにおける行動・環境・サービスプロセスのモデル化を担当いたします。更に、物流センターの生産性の向上のための提案や新たな物流機器の開発を本プロジェクトを通じて実現してまいります。
産総研と筑波大学は、行動計測によって得られた情報を物流フィールドにおけるビッグデータ、ディープデータとして整備し、平成30年度内に物流ピアデータ基盤として整備することとしています。弊社は、物流ピアデータ基盤も活用し、次世代の物流機器、物流センターにおける理想的な作業環境を創造してまいります。
       
  
以上

本件に関するお問い合わせ先

トーヨーカネツソリューションズ株式会社
常務執行役員 渡辺 一人  
TEL:03-5857-3126
フッターの始まり