ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
コンテンツの始まり

業務内容

トーヨーカネツソリューションズの物流センター構築は、「運用設計」「情報システム」「マテハン設備」と3つの技術力から成り立っています。これら3つの技術力を「物流センター構築力」と称し、当社のコアコンピタンスとしてお客さまに価値ある物流センター構築ソリューションを提供していきます。

トーヨーカネツソリューションズの物流センター構築力。運用設計、マテハン設備、情報システム。お客様の様々な課題に、物流センター構築力で解決します。

トーヨーカネツソリューションズについて

「世界第2位タンクメーカー」トーヨーカネツ株式会社の100%出資子会社

トーヨーカネツ株式会社(東京証券取引所第1部上場資本金185億円)の物流システム事業部門の業務を100%継承して誕生。物流システムの企画、設計、製作、施工、および販売を主営業とします。

「創業から半世紀」物流センター構築で、お客さまの企業発展に貢献

1955年(昭和30)に「トーヨーコンベヤ」の製造販売開始から約半世紀にわたり、物流センター構築ソリューションを一貫して提供。これまで、さまざまな業種のお客さまの発展に貢献してきました。

お客さまの「パートナー」として密にディスカッション

「お客さまとしっかり話し合い、パートナーとして共に課題を解決する」この思いを大切にし、物流センター構築に関わる全ての工程で、お客さまと徹底的にディスカッションを重ねています。

先端技術を駆使して「力と知恵ある」物流センターを構築し、課題を完全解決

物流センターを動かす「力」になる、マテハン設備・運用設計の構築力。物流現場を支える「知恵」になる、情報システムの構築力を駆使して、お客さまの経営戦略に特化したソリューションを提供しています。

アジア圏を中心に、グローバル規模で物流センター構築ソリューションを展開

数々の物流センター・空港手荷物搬送システムを構築してきた実績や経験をノウハウに、アジア圏を中心にグローバル規模で積極的に展開しています。

フッターの始まり