ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
コンテンツの始まり

和平フレイズ株式会社様(ボイスシステム導入)

ボイスシステムを導入したピッキングエリアの作業効率が改善 和平フレイズ株式会社 斎藤慶一様(物流本部 統括部長)

1951年創業の和平フレイズ株式会社は、家庭用調理用品のほかインテリア用品や雑貨など、様々な家庭用品を企画・販売している企業です。ロスの少ない効率的なデリバリーを目指して物流センターの集約・大型化を行ってきましたが、近年、アイテム数の多様化や販路拡大を背景に、出荷作業のさらなる効率化が最重要課題とされてきました。そうした中、課題改善を目的にボイスシステム(音声認識システム)が導入されました。

和平フレイズ株式会社様 プロジェクト概要

導入後の成果

・課題(before)
  • ピッキングミスが起こりやすい人的作業に頼った環境
  • リストを持ちながらの作業のため、片手がふさがっている
・導入効果(after)
  • ボイスシステムによるチェック機能で、ピッキングミスの激減
  • 両手が自由に使えるようになりピッキングエリアにおける作業が高効率化
  • センター全体の就業時間短縮をもたらしセンター運営に貢献

導入製品・サービス

高い位置の商品も両手が使えるので取り出しやすい
高い位置の商品も両手が使えるので取り出しやすい
ピッキング商品をグローブ型スキャナでダブルチェック
ピッキング商品をグローブ型スキャナでダブルチェック

グローブ型スキャナ
グローブ型スキャナ
ピッキングした商品を次のゾーンへ移動
ピッキングした商品を次のゾーンへ移動

ピッキング作業
ピッキング作業
梱包エリア
梱包エリア

導入背景:ピッキングミスや、作業効率の改善を目指した

和平フレイズ株式会社 斎藤慶一様(物流本部 統括部長)

和平フレイズ株式会社の物流センターで扱うアイテムは多種多様であり、出荷が頻繁にあるものだけでも6,000~7,000アイテムにのぼります。ピーク時には2日間で2~3万ピースの出荷が集中します。これまでは紙のリストによるピッキング・仕分けを行っていたため、商品の取り違えなどのミスが起こりやすく、作業効率が悪いことに問題意識を持っていました。また、大きな商品が多いにも関わらず、片手がふさがっているため作業時の不自由さも感じていました。こうした問題を解決するには、ピッキングエリアにおけるボイスシステム(音声認識システム)の導入が最適と考え、検討をはじめました。

選定理由:ボイスシステムへの音声の事前登録が不要で導入がスムーズ

ローラコンベヤにてピッキングゾーンの移動

数社のボイスシステムを検討しましたが、通常業務に影響を与えることのないスムーズな導入が不可欠でしたから、まず導入実績が豊富なところに絞りました。その中でも、不特定話者方式の音声認識システムを採用しているトーヨーカネツソリューションズに決めました。事前に使用者の音声登録が必要な特定話者方式に対し、音声登録が不要な不特定話者方式ならば、臨時スタッフの使用時や他エリアのスタッフが応援に入る際にも即対応できると考えたからです。

導入後の効果:高効率化がセンター運営にも好影響

ABCゾーン方式のロケーション

ピッキングエリアでは大きく、オーダーピッキング(注文先ごとに集品する)、トータルピッキング(後で注文先別に仕分ける分として、ある一定量をまとめて集品する)、オーダー仕分け(トータルピッキングで集めた商品を、オーダー別に仕分ける)という3つの作業が行われています。今までは、ピッキングリストを片手に持ちながら集品する商品を探す、という作業スタイルだったため、歩行時間が長いうえに、目で探す時間もかなりかかっていました。ボイスシステム導入後は、集品する商品を音声で案内してくれるため、リストで手がふさがれることがなくなり、大きな商品も安全に持ち運ぶことができるようになりました。また、ピッキングの際、手に装着したグローブ型のスキャナによるダブルチェックでピッキングミスはほぼゼロとなり、作業時間が短縮されました。さらに、出荷頻度ごとにエリアを分け、歩行距離の短縮を図ったこととボイスシステムの相乗効果で約30%の効率化が実現できました。その結果、作業を終えたピッキングエリアのスタッフが梱包作業などの他エリアをサポートできるようになり、センター全体の作業時間が短縮されるという波及効果も生まれています。

 ⇒関連製品はこちら

今後の展望:営業戦略の推進を後押しするシステムに期待

和平フレイズ株式会社 斎藤慶一様(物流本部 統括部長)

今後、得意先の増加に伴い、店別梱包も増加し、作業量が増えていくことが予測されます。その際にもコストを維持しつつ得意先のニーズに応えるには、作業の効率化が必至ですから、現在、ハンディで行っている他エリアにおいてもボイスシステムの導入を検討しています。また、戦略的なセンター運営を進めている当社では、作業の見える化をとても重要視していますが、そうした観点からも、ボイスシステムは当社が進める営業戦略を後押ししてくれる最適なシステムの一つであると期待しています。

導入企業プロフィール

和平フレイズ株式会社

会社名

和平フレイズ株式会社

事業内容

家庭用品・調理用品・インテリア用品・生活雑貨の企画・販売

従業員数

280名 (2013年7月現在)

URL

※この記事内容は2013年8月に取材した内容を元に構成しています。記事内における数値データ、組織名、役職などは取材時のものです。

お気軽にご相談ください
フッターの始まり